地域交流

たまねぎスープ屋さん  
玉ねぎスープ屋さん  
毎年、年長児が前年に苗を植えて育てた玉ねぎをクッキングしてスープを作り、玉ネギスープのお店を開きます。 お店の人になりきって他のクラスの子ども達や「あそびのひろば」に来られた地域の未就園児の親子にもスープを配り、味わってもらい、楽しみます。  
  芋煮会
 
  畑で収穫した芋を年長児が調理し、お世話になっている地域の方々をお招きして一緒にテーブルを囲んで芋煮をいただきます。
この時使う味噌は、年長児が年中の時に仕込んだ味噌で、約9か月寝かせた味噌をこの日に壺から出して味わいます。
おもちつき  
 
久世地区社会福祉協議会の方たちに協力して頂き、おもちをついて丸めて、つきたてのきなこもちをお腹いっぱいいただきます。
年長児は新年の準備で、もち花を作ります。
 
   
   
   
このページの先頭へ